×

カテゴリー

プレミアムインソール
▲細部にまで履き心地にこだわりぬいたインソール

商品カテゴリ

会員様特典!
▲今すぐ使える300ポイント!
マティノス銀座店長

はじめまして。
銀座マティノス店長の松浦 督(ただし)です。
履きやすい靴を全国の皆様にお届けできるよう日々、研究と努力をしております。
よろしくお願い申し上げます。
お店にもお気軽にご来店くださいませ。

履きやすいパンプス・スペシャリスト
松浦 督

RANKING

お店の場所
▲わかりやすい駅からの距離
かかとパカパカストッパー
▲大好評アイテム!!
かかと脱げ防止に効果抜群
パンプスストラップ
▲新発売!パンプスストラップ
足首に巻くタイプ簡単装着
ストラップ加工
▲脱げるパンプス!即日加工

CONTENTS

HOME»  ブログ記事一覧»  お役立ち情報☆»  日本製のパンプスの良さと海外生産品の違い

日本製のパンプスの良さと海外生産品の違い

日本製のパンプスの良さと海外生産品の違い

こんにちは(^^) 銀座マティノス(履きやすいパンプス) 店長の松浦です。


本日のブログは、日本製の靴(パンプスやブーツ)の良さについて、
海外生産品(安価で大量生産の靴)との違いを例に、ご紹介したいと思います。


当店で取り扱っておりますパンプスやブーツは、日本製がほとんど(約95%以上)
「履きやすく 足に優しい靴」にこだわる婦人靴専門店ですので、
足に優しいポイントとして、ソフト感も大きなポイント!の1つです。

パンプスを履いて、よく痛くなる場所で多いのが「つま先」ですが。

靴のつま先には、型崩れ防止やデザイン性の維持、つま先の保護の為に、
つま先には、先芯という芯が入っています。

靴工場では、アッパー製造時にその先芯をいれて、
木型にアッパーをはめて成型していきます。

木型にはめた靴のアッパーは、つり込みをし、温めと冷却して形付けしていきますが、
その木型にはめている時間が長ければ、綺麗に形付けできて、仕上がりも美しくなります。

履きやすい靴、足に優しい靴の場合、アッパーに使う革もソフトな素材が多いですが、
そんな柔らかい革の靴を成型する場合、ソフト感を保つ為には、
先芯を小さめに、硬すぎず形付けできるソフトな材質の先芯を使用してこそです。

ですので、木型にはめて成型する時間も長くかかります。

このように、良い材料や製造の手間や時間もかかっていきます


では海外生産の靴はどうなのか?
という事ですが。

僕が体験した、海外生産の製造工場での出来事を参考に考えてみたいと思います。


以前(前職で)ですが、海外の委託工場で靴の企画をしていた時です。

やはりソフトな材料の靴の企画の材料選びの会議で、
つま先の先芯の話になった時に、
委託工場のサンプルを見ながら、「このつま先は硬すぎる」ので、もっとソフトにしたいですね。
と希望を言いましたところ・・・


「難しいです、うちではこのようにしかできません」
「先芯は硬いものにしてはダメですか?」
「先芯の大きさも大きいものではダメですか?」
「技術的に難しいです」
などなど・・・できない話ばかり 繰替えし言われてしまいました。

日本では出来るのになぜ出来ないのですか?と粘りましたが、
やはり答えは「出来ません!」でした。


そんな問答の時間が過ぎていく中で、
ぽつり!と海外の工場の方のお話に出てきた言葉が答えでした。

「数が上がらないから困る!」ということです。


海外生産の工場で何が起こるか?といいますと、
アメリカ向け ヨーロッパ向け 日本向けと 世界の市場で売られている靴を造るわけですが。

よく聞くお話は、アメリカ向け ヨーロッパ向けは、足数(注文足数)は多いし
あまり細かい品質は言わないからやりやすい。

日本向けは、足数は少ないのに品質がとても厳しい!からやりにくい。というお話です。

とにかく、大量に早く造り、製造コストを安くしたい!という考えになってしまう訳です。
それが当たり前の日常ですので、
時間のかかる製造方法はやりたくないというのが現実です。

以上のような理由でいきますと・・・
話はもどりますが、

つま先の先芯は、早く成型できるように、
硬くて・大きくて・厚みのある先芯を選ぶということになります

せっかく柔らかい革を選んだところで、
先芯がカチカチ、大きいからつま先全体を覆い圧迫感がでる。
というような事になり、

お客様が履いた時の感覚、足に優しいというコンセプトのパンプスも
実際に足を入れて履くお客様重視ではなく、
製造側や販売する側の事情重視という悲しい結果になってしまいます。

以上のような、ほんの1つの事例をとってみても、
日本製と海外生産品の違いが出てきます。
他にも靴は様々な沢山のパーツで出来上がっていますので、
たかが1足のパンプスと言っても大きく差が出てしまう訳です。

僕も自分が日常使っているものや服、靴など様々なモノを利用していますが、
靴が特に、日本製と海外生産品(安価な大量生産品)では、かなり差があるように思います。

足が痛くなりやすい!
いつもつま先が圧迫されて窮屈!
などでお困りの方はぜひ、こんなつま先の芯の硬さも考慮しながら、
パンプスやブーツを選ぶ時の参考にしてみてくださいね。

今後もまた、さまざまなお役立ち情報を掲載していきますので、
ぜひお楽しみしてくださいませ。


☆銀座マティノス(履きやすい靴)
東京都中央区銀座1-22-13 銀座カーサ1F
TEL03-6228-6720
http://matinos-shoes.net









 

2016-12-07 15:15:43

お役立ち情報☆   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

ブログ記事一覧|履きやすいパンプス 外反母趾にも足に優しい婦人靴通販|銀座マティノス